伊香保でリーズナブルに楽しめる日帰り温泉12選

伊香保温泉といえば石段を挟んだ両側に旅館やホテル・みやげ物屋が並ぶ風景を思い出す人も多いでしょう。

温泉 関東
伊香保でリーズナブルに楽しめる日帰り温泉12選
  • 伊香保でリーズナブルに楽しめる日帰り温泉12選
茶褐色のにごり湯「黄金の湯」と無色透明な「白銀の湯」の2つのお湯があるのも特徴です。
東京からのアクセスも良好で、日帰りも十分に可能です。
ここでは日帰り入浴を手軽な料金で楽しむことのできるコスパに優れた温泉を紹介します。

1.お宿玉樹




伊香保のシンボルである石段街のちょうど入り口のところに建つのが「お宿玉樹」です。
全館畳廊下で立派な日本庭園もあり非常に高級感のある宿ですが、名湯である「黄金の湯」と「白金の湯」の両方を1,500円で楽しむことができる人気のスポットです。

大浴場は2014年11月に全面改装された「榛の湯」で清潔感があり広々としたお風呂となっています。
目の前に広がる谷川連邦の連なりを望みながら黄金の湯と白銀の湯のそれぞれを堪能することができます。
スチームミストとサウナも完備されているので、デトックスや美肌にも効果的です。

もう1つの大浴場「玉伊吹の湯」は半露天で、檜をふんだんに使用した本格木造のお風呂となっています。

家族やカップルとの旅行でプライベートを大切にしたいという方には貸切岩風呂「小春日和」がおすすめです。

貴重な黄金の湯を100%源泉かけ流しで楽しむことができて、料金は50分3,240円とリーズナブルです。
入浴だけでなく昼食や夕食ガセットになったプランやお風呂上がりにエステが受けられるプランなどもあって女子旅にもピッタリです。

じゃらん
楽天トラベル

2.かのうや




東京から2時間ほどの場所にありながら手軽に非日常を体験できるのが創業120年を誇る老舗旅館「かのうや」です。

繁華街の中心からは少し離れた小高い山の上にあるため、専用のケーブルカーで宿へ向かうことができるのが大きな特徴です。
そのため、「景風流(ケーブル)の宿」という異名を持つ宿でもあります。

こちらの宿では貸切の内風呂である「みずいらずの湯」での入浴とレストランでの昼食、さらにはお部屋での休憩がセットになったプランが用意されています。

「みずいらずの湯」には2名まで利用できる「幸の湯」と2名~4名まで利用できる「望の湯」・「夢の湯」がありますので、一人旅にもカップルにも、そして家族連れにもおすすめです。

プランには利用できる部屋やお料理のランクによって「桜コース(5,400円)」、「楓コース(7,560円)」、「椿コース(10,800円~)」の3種類から選ぶことができます。
「楓コース」と「椿コース」では白銀の湯が引き込まれた露天風呂付きのお部屋を選ぶことができます。

どの部屋の露天風呂からも周囲の山々を眺めることができるので、ちょっと贅沢に楽しみたい方にはおすすめです。

じゃらん
楽天トラベル

3.如心の里 ひびき野




「如心の里 ひびき野」はこのエリアで最大クラスの15,000坪もの広大な敷地を持つ旅館です。
敷地内は豊かな自然に囲まれており、庭園や散策路を歩きながら木々や花々を見れば疲れた身体や心を癒やすことができます。

こちらは「黄金の湯」と「白銀の湯」の2つの源泉を一度に楽しむことができる数少ない旅館の1つです。
今から1900年前に発見されたといわれ、万葉集や古今和歌集にもその名が見受けられる歴史の古いお湯を源泉かけ流しで堪能することができます。

入浴だけなら1,000円というリーズナブルな料金で楽しむことができますが、入浴と一緒に宿自慢の「旬菜会席」による昼食を楽しむことができるお得なプランも用意されているので、こちらもおすすめです。

「旬菜会席」は特約農家で育てられた野菜や朝取りの卵、地産の牛肉や川魚など旬の素材を贅沢に使用した会席料理で、個室お食事処「はな響」でゆったりと心ゆくまで堪能することができます。

じゃらん
楽天トラベル

4.横手館




「横手館」は大正ロマンという表現がピッタリとくる、レトロ感たっぷりの宿です。
大正9年に建設された本館は総檜造りの4階建ての建物で、国の登録有形文化財の指定を受けています。

館内には徳富蘇峰や第56代内閣総理大臣岸信介による直筆の看板があったり、日本画家・竹内栖鳳の画が飾られたりするなど、老舗旅館ならではの趣が感じられます。

お風呂には2つの大浴場があり、お湯はいずれも黄金の湯です。
黄金の湯は本来は透明なお湯ですが、鉄分を豊富に含んでいるため空気と触れると酸化して金色に近い茶褐色のお湯へと変化します。
神経痛や筋肉痛、冷え性などに効果抜群です。

タオル付きなら1,100円で利用できます。
また、宿泊客優先ですが空いていれば3種類の貸切風呂の利用も可能です。

もちろん貸切風呂も黄金の湯を100%源泉かけ流しで堪能することができます。
貸切風呂は50分2,160円で利用することができます。
ご夫婦や家族、カップルなど親しい人だけで入浴したい時にも良いですし、段差がないのでお年寄りが利用するのにもおすすめです。

じゃらん
楽天トラベル

5.いかほ秀水園




創業50年以上の歴史を持つ「いかほ秀水園」は館内のいたるところに信楽焼のたぬきが置かれていることから、「たぬきが出迎える宿」としても有名です。
また、みやげ物屋には草履や提灯、木製のおもちゃなどが数多く並んでおり、とても懐かしい雰囲気にあふれています。

入浴プランは入浴のみ(1,000円)、休憩プラン(3,240円)、食事付きプラン(5,400円)の3つのコースから選ぶことができます。

大浴場の「かみつけの湯」は源泉かけ流しで白銀の湯が引き込まれており、雄大な上州の山々をモチーフにしたタイルの壁画を見ながら楽しむことのできるお風呂です。

また、森林に囲まれた露天風呂もあり、四季折々の風景を感じながら入浴することができます。
窓代わりに配されたステンドグラスが鮮やかな「絵日傘の湯」で天然足湯と蒸気によるサウナも楽しめます。

パウダールームは非常におしゃれでアメニティも充実しているので女性はうれしいでしょう。

食事付きプランでは地元産の旬の食材をたっぷりと詰め込んだ松花堂弁当がセットになっていてコスパにこだわる方におすすめです。

じゃらん
楽天トラベル

6.よろこびの宿しん喜




眺めの良い露天風呂をお探しなら「よろこびの宿しん喜」がおすすめです。
標高800mという高台にある宿で、2つある大浴場からは谷川や赤城の山々が見渡すことができます。

大浴場「繭玉の湯」は大きな窓のある開放的な造りが印象的なお風呂で、遠くに赤城山や日光連山を望むことができます。
東向きのお風呂なのできれいな朝日を拝みたい方にはおすすめです。

「繭玉の湯」の中には露天風呂もあり、マイナスイオンをたっぷりと浴びながら四季折々の季節の移ろいを肌で感じることができます。
木曽のサワラ材で造られた湯船にはメタケイ酸を豊富に含む白銀の湯が引かれていますので、美肌効果にも期待です。

もう1つの大浴場「白玉の湯」は「繭玉の湯」ほど大きくはありませんが、ここからも谷川岳などの絶景を眺めることができます。
こちらは夕方の景色がきれいで渋川市街地の灯りを楽しみながらの入浴が快適です。

宿泊なしで入浴のみならば、この絶景の露天風呂を1,000円で利用することができます。
湯上がりには展望ラウンジも利用できるので、お風呂上がりのビールを楽しみたい方にもおすすめです。

また、入浴とお料理がセットになったコースもあります。
赤城山麓で育った地元ブランド牛「上州牛」のローストビーフなどおいしい料理をたっぷりと味わいましょう。

じゃらん
楽天トラベル

7.ホテルニュー伊香保




油屋旅館という小さな宿をルーツに持つこのホテルは石段街から少し離れた静かなエリアに建つ、落ち着いた雰囲気の宿です。
館内に一歩足を踏み入れると大正ロマンを感じさせるような懐かしさがあふれています。

1時間1,000円で入浴できる大浴場「白銀の湯」にはその名の通り名物の白銀の湯が引かれており、優しい泉質で子供からお年寄りまで安心して利用することができます。
メタケイ酸含有泉ということもあり、美肌効果や疲労回復に効果抜群です。

大浴場には檜造りの小さな露天風呂もありますので、少人数で楽しみたい方におすすめです。

こちらのホテルには入浴のみのプランだけでなく、お部屋付き・ランチ付き・ディナー付きのプランも用意されています。

お部屋付きプランは平日11:30~14:30の3時間の滞在時間があるので、温泉に浸かった後にゆったり手足を伸ばして休みたいという方に最適です。
ランチ付き・ディナー付きのプランでは11:30~17:00まで5時間半とたっぷり滞在時間があります。

お風呂に入って地元の旬の食材を使った贅沢な会席料理をいただき、その後に観光を楽しむといった楽しみ方もできます。

じゃらん
楽天トラベル

8.旅館さくらい




リーズナブルな料金で貸切風呂を楽しみたい方におすすめなのが「旅館さくらい」です。
12時~15時までの時間帯であれば「夢見の湯」「月見の湯」「花見の湯」というそれぞれ趣の異なる3つの貸切風呂を、1回50分2,160円~3.240円の料金で利用することができます。

「夢見の湯」は他2つのお風呂に比べると大きめのゆったりしたお風呂になっています。
脱衣所も広々としているため家族連れなど多めの人数でも安心ですし、身体の不自由な方や車椅子の方も利用することができます。

「月見の湯」と「花見の湯」はこぢんまりとした落ち着いた雰囲気のお風呂で、カップルや夫婦での利用にピッタリです。

お湯はいずれも白銀の湯が引かれています。
眺望の良さも特徴で、貸切風呂からは榛名・赤城の山の絶景を眺めることができます。

なお、貸切風呂の利用は清掃作業等の都合から不定休となっているので注意が必要です。
利用を希望する場合は事前に電話などで家人を行うようにしましょう。

じゃらん
楽天トラベル

9.古久家旅館




入浴のみのプランの他に昼食・夕食付きの0泊2食プランなど充実した日帰りプランで人気なのが、創業100年の老舗旅館「古久家旅館」です。
お料理では旬の山菜に加えて上州牛や上州もち豚など、群馬ならではの食材の味を楽しむことができます。

入浴のみならば平日15:00~17:00の時間帯で1,500円、休日11:00~14:00なら1,000円で利用することができるリーズナブルな料金設定も人気の理由です。
お風呂は谷川岳から三国連山を望むことができる展望露天風呂と貸切展望露天風呂、さらに湯船にたっぷりと注がれた源泉かけ流しの「黄金の湯」をお楽しむことができる大浴場の3つです。

黄金の湯は老舗旅館にしか引かれていない貴重なもので、こちらの旅館を入れても全体で9件しかない貴重なお湯です。
子宝の湯とも呼ばれ女性にうれしい効能がたくさんあるので、女性の方はぜひ一度体験してみることをおすすめします。

なお、貸切展望露天風呂は宿泊客が優先となっているので注意しましょう。

じゃらん
楽天トラベル

10.和心の宿オーモリ




「和心(なごみごころ)の宿オーモリ」は2019年で創業100年を迎えた老舗の旅館です。
親しみやすいおもてなしと暖かい雰囲気で人気があります。
石段街のほぼ中心という立地の良さで、どこへ出かけるにも便利です。

こちらの宿は8階建てで、その最上階には檜のぬくもりに包まれた「ほの香」と開放的な広い湯殿が特徴の「浪漫」の2つの展望露天風呂があります。
標高800mからの眺めは絶景の一言で、赤城山や武尊連峰、子持山、谷川連峰などを大パノラマで望むことができます。

お湯は白銀の湯で疲労回復に効果があり、病後回復期の方にもおすすめです。
また、露天風呂に入浴する際には「赤城山」や「谷川」といった地元の地酒を楽しみながら入浴できる「露天で一杯セット」が利用できます。
お酒好きの方はぜひ体験してみましょう。

入浴料は45分で1,200円となっています。
予約すれば3,240円で貸切風呂を利用することもできます。

タオルやボディーソープ・シャンプーを無料で利用できる他、隣接する食事処を利用することもできるなど充実したサービスも特筆モノです。

じゃらん
楽天トラベル

11.ホテル天坊




1,000坪もの広大な敷地の中で趣向を凝らした数々のお風呂を楽しむことができるのが「ホテル天坊」です。
伊香保でも数少ない、「黄金の湯」と「白銀の湯」の2つの源泉を備える数少ない宿の1つでもあります。

大浴場「天晴」には男性用・女性用のお風呂が5種類ずつ配されており、その中には露天風呂の奥に洞窟がある「かくれんぼの湯」や浴槽の底に敷き詰められたトルマリンの効果でお肌がツルツルになる「つるりんの湯」、温度の異なる上下2つの露天風呂に交互に入る「だんだんの湯」といったものがあります。

日帰り入浴プランは毎週火曜日と水曜日を除いて午前11時から午後2時まで大浴場「天晴」のすべてのお風呂を楽しむことができて、料金は1200円です。

また、入浴と豪華会席料理の昼食がセットになった「昼食入浴プラン」は2,750円~、入浴と昼食にデザートとドリンクバーまでセットになった「遊湯ランチプラン」は2,800円で利用できます。

じゃらん
楽天トラベル

12.黄金の湯館




「黄金の湯館」は伊香保グランドホテルに併設された入浴施設で、古くから子宝の湯として人気のある黄金の湯を源泉かけ流しでたっぷりと楽しむことができます。
お風呂は開閉式サンルーフを備えた大浴場と自然との一体感を満喫できる露天風呂、さらにサウナがあります。

営業時間は10時~24時まで(特別営業日は27時まで)と深夜まで入浴できる数少ない施設で、料金は10時~15時の受付が680円、15時~23時の受付が980円、24時以降の受付が1,500円と受付時間が遅くなるほど料金が高くなるのが特徴です。

館内にはシアタールームや漫画広場、カラオケルームなどお風呂以外のアミューズメントも充実しており、お風呂付きの漫画喫茶というイメージが近いかもしれません。

じゃらん
楽天トラベル

まとめ


ここまで紹介したように、昔ながらの風情が残るお風呂や様々な趣向を凝らしたお風呂まで施設によって様々なお湯を楽しむことができます。
日々忙しく旅行は難しいという方には日帰りプランがおすすめです。
日頃の疲れを癒やしに家族や友達、カップルなどで温泉を堪能してみてはいかがでしょうか。
《編集部》

関連記事