amazon

岩盤浴って下着は付けるの?入り方と持ち物をチェック

普段からあまり汗をかかない人でも、たっぷり汗をかけることから、女性を中心に根強い人気のある岩盤浴。 興味はあるけど、まだ岩盤浴を体験したことがない人は、気になることも多いですよね?

用語集 豆知識
岩盤浴って下着は付けるの?入り方と持ち物をチェック
  • 岩盤浴って下着は付けるの?入り方と持ち物をチェック
今回は、岩盤浴での服装や入り方、どんな持ち物が必要なのかご紹介します。
初めて岩盤浴を体験する前の参考にしてください!

岩盤浴とは?


45度から60度くらいに温められた天然の鉱石から放射される遠赤外線で、体の深部を温め発汗を促すのが岩盤浴です。

岩盤に横になり体の芯からじっくり温め、10分~20分の入浴を繰り返します。

たっぷり汗をかいてスッキリ。
体の不要な水分を出し、むくみの解消をはじめ、デトックス作用、美肌、肩こりや頭痛、冷え性予防など、さまざまな効果が期待できます。

汗をかくといいこといっぱい!


たっぷり汗を流せるのが岩盤浴ですが、汗をかくことは体の中にも外にもメリットがあります。

冷え性の予防


「冷えは万病のもと」と言われるように、体の冷えは便秘や肩こり、不眠などさまざまな不調をもたらします。
体の芯から温まる岩盤浴は、普段は運動できず汗をかく習慣のない方にオススメです。

1度で冷え性の改善は難しいですが、定期的に利用すれば体温が上がり冷え性の予防につながります。
また、体温が上がると免疫力がアップし、病気になりにくい体に!

新陳代謝のアップ


体が内側からじっくり温まる岩盤浴は、内臓の機能も活性化し新陳代謝が高まります。
体の中に溜まった老廃物を排出してデトックス。

高い基礎代謝を保てば、基礎消費カロリーが増え太りにくい体になります。

毛穴のつまりにさよなら


生活の中で、岩盤浴のように大量の汗をかくことは、ハードなスポーツでもしない限りなかなかありません。

たっぷり汗をかけば、毛穴に詰まった汚れが汗と一緒に流され、気になる毛穴の黒ずみや角栓の緩和につながります。

岩盤浴でスッキリきれいになったお肌に、いつものスキンケアでお手入れするだけOK。何度か通ううちに目立たなくなってきます。

お風呂と岩盤浴はどっちが先?


スーパー銭湯や温泉に岩盤浴が併設されている場合があります。
この場合、どちらから入ればより効果が得られるのでしょうか。

「岩盤浴でかいた汗は、お風呂でさっぱり流したい」という方も少なくないでしょう。
しかし、岩盤浴前にお風呂に入り体を温めておけば、効率的な発汗につながります。

岩盤浴は、じわじわと体の芯から温めてから発汗しますが、その汗が出始めるまでの時間を短縮できるのです。



岩盤浴の入り方


まずはしっかり水分を補給


岩盤浴は、驚くほどの多量の汗をかきます。脱水症状を防ぐため、こまめな水分補給は必須です。

いよいよ岩盤浴スタート


岩盤の上にバスタオルを敷いて横になり、うつ伏せで5分、次に仰向けで10分、そして休憩で1クールです。これを何度か繰り返しましょう。
※体調を見ながら無理をしないのが肝心です。

岩盤浴から出たら、汗を拭いて終了です


岩盤浴でかいた汗はサラサラなうえ、保湿効果があります。
美肌効果を狙うなら拭くだけに止めましょう。

気になる場合は、軽くシャワーを浴びてください。

岩盤浴での服装は?


いざ、岩盤浴に行ってみようと思った時、服装はどうするのか疑問に思う方も多いでしょう。
岩盤浴中は施設が用意した作務衣などの館内着に着替えます。

それがないところでは、汗でびしょ濡れになっても問題ない着替えを持参しましょう。

下着はつけるの?


ブラやパンツの下着の締め付けは、血行促進の邪魔をします。
基本的には、ブラやパンツの下着はつけず、全裸にそのまま館内着を着てください。

たいていの館内着はゆったりしたシルエットであったり、透けない素材であったりするので、周囲の視線は気になりません。
それでも、男性が近くにいるのは抵抗がある女性は、女性専用の岩盤浴を選ぶと安心です。

それでも下着はつけたい時は?


いくら血行促進の邪魔だとしても、他人が着た館内着を直接着ることに抵抗がある方は、岩盤浴に合った下着を準備しましょう。

ブラは、できるだけ締めつけがなく、金属の使われていないものを選んでください。
岩盤に横になるので、金属は熱くなり危険です。

パンツはエステ用や旅行用として市販されている使い捨てできる紙パンツがオススメ。

岩盤浴で必要なもの


・ペットボトルの水
・バスタオル
・汗拭きタオル
・館内着

これらは必須になりますが、どれも施設によっては用意されている場合があります。
料金に含まれる場合や別料金になる場合などまちまちです。

利用する施設の情報を確認してみましょう。

あると便利な持ち物


・メイク落とし+洗顔料
メイクは落としておいたほうが、毛穴の汚れも汗と流れやすくなります。

・メイク道具
たくさん汗をかくので、例えメイクを落とさなくても確実に崩れます。帰るときもスッピンは辛い!そんな方は持参しましょう。

・ヘアゴム
髪の毛が顔に張り付くのは不快ですが、ヘアピンは熱くなります。髪の毛をまとめるヘアゴムがあると便利です。

・お風呂セット
岩盤浴は温泉などと一緒に利用すると、相乗効果が期待できます。お風呂が併設されているなら、持っておきたいですね。

・本や雑誌
湿気でふにゃふにゃになりますが、時間つぶしにあると便利。温度・湿度の高い岩盤浴にスマホの持ち込みは故障の原因になりかねません。

まとめ


岩盤浴未体験の方が、まず疑問に持ちやすい岩盤浴の入り方や服装、持ち物などをご紹介しました。

普段、体を動かす機会がない方は、汗をかくことも少ないはずです。
そんな方ほど全身から汗が吹き出る岩盤浴はクセになる爽快感が味わえるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!
《編集部》