1日かけて楽しめるところも!福島のおすすめ日帰り温泉7選

福島の名湯は元気に頑張っています。おすすめ日帰り温泉がたくさん!

温泉 北海道・東北
1日かけて楽しめるところも!福島のおすすめ日帰り温泉7選
  • 1日かけて楽しめるところも!福島のおすすめ日帰り温泉7選
福島には名湯が楽しめるうえに、休日を存分に遊んでリフレッシュできたり、ゆったりとお湯に浸かってレトロな気分を満喫できたりと、おすすめのお湯がたくさんあります。
そんな名湯が楽しめる、7つのスポットをまとめました。

1.スパリゾートハワイアンズ


今や、福島の名湯を代表するスポットといっても過言でない。
1日中何もかも忘れてお湯に戯れ、プールではしゃげば、身も心も存分に解放できるだろう。



ハワイをコンセプトにしつつ、さまざまな楽しみを味わうことができる常夏のリゾートレジャー施設であり、さらには温泉施設でもあるため、日本全国から多くの人が遊びに訪れます。

プールには日本一ともいわれる巨大なビッグウォータースライダーがあり、大人も思わず興奮すること間違いなしです。

12種類、24もの浴槽がある大浴場パレスには、御影石や檜で作った湯舟から、ジャグジーに打たせ湯、露天風呂から寝湯にサウナまであります。

江戸情緒あふれる露天風呂は何と世界最大の大きさとなっており、江戸時代の湯屋を再現しているのが特徴です。

浴槽面積は男女別の造りとなっているものの、全体はつながっており、1000平方メートルという巨大さに圧倒されることでしょう。

露天風呂に浸かりながら、影絵で再現されるお座敷遊びを見られるなど、趣向を凝らしたエンターテインメント要素も魅力です。

南欧風のおしゃれな雰囲気のスプリングタウンは水着で入るお風呂となっているなど、まさにお湯三昧で過ごせることから、何度も行きたくなること間違いなしです。


じゃらん
楽天トラベル
公式 HP

2.いいざか 花ももの湯


名湯にはいろいろな楽しみがある。
お湯の肌触りに温度、そしてまた湯舟の違いも楽しみの要素だ。

たくさんの異なるお湯の楽しみ方ができるのが特徴で、内湯の花ももの湯はあつ湯、ぬる湯、そしてほどよい湯と名付けられた、異なるお湯がたたえられた広い大浴場となっています。

こぢんまりとしているものの、落ち着いた風情が心地よい露天風呂と、立ち見の湯と呼ばれる深さ140センチの露天風呂があり、その水深から座って入浴することができないため、立って入るという珍しい体験もできます。

露天風呂はいずれも屋根がちゃんと作ってありますので、天気を気にせず入れるのが魅力です。

泉質の異なる源泉をかけ流しで贅沢に使用しているため、お湯好きにはたまりません。

じゃらん
公式 HP

3.野地温泉ホテル


宿にある大浴場はやっぱり豪華な雰囲気が味わえるのが最大の魅力。
昼食付きで楽しもう。



日帰り昼食付き入浴プランを用意していますので、お宿の自慢の湯を堪能してゆっくりと昼食を食べれば、充実した休日を過ごせることウケアイです。

東北の美湯として名高い野地の湯は、乳白色のにごり湯なのが特徴で、加温や加水は一切行わない源泉かけ流しとなっています。

夜間はライトアップされて幻想的な雰囲気となる露天風呂ですが、乳白色のお湯を明るい中ではっきりと見られるのは日帰り入浴ならではでしょう。

内湯から露天へと浴槽がつながっているため、湯に浸かりながら移動ができるおもしろい湯殿や、木で作られた温もりある湯殿では、浴槽が3つに区切られており、それぞれ違う温度のお湯が楽しめます。

内湯も広々としていて、宿ならではの贅沢な湯浴みを食事とともに楽しめば、大満足の休日になることでしょう。

じゃらん
楽天トラベル
公式 HP

4.郡山ユラックス熱海


せっかくの休日、のんびりするだけでは物足りない。
お湯に浸かるのはもちろん、身体を動かしてリフレッシュしたいときもある。

さまざまな運動や講演会に使われる多目的ホールや会議室、さらに幼児用プールから日本水泳連盟公認の25mプールまである複合施設で、この中にさまざまな湯舟でお湯が楽しめる入浴施設もあります。

星形をした露天風呂はモダンなジャグジー風となっていて、天気のよい日を選んで行ける日帰り利用にはぴったりです。

また、野趣あふれる岩風呂の露天風呂もあります。

さらに広々とした内湯のほか、圧注湯や泡沫湯、かぶり湯といった変わり種のお湯から、寝湯に打たせ湯もあります。

サウナと、サウナに欠かせない水風呂も完備されていますし、変わった湯舟としてつぼ湯もぜひ入ってみたいものです。

湯上がりの休憩室は250名が入れるほどの広さとなっており、1人でも家族と一緒でも存分にお湯に浸かってくつろげます。

じゃらん
公式 HP

5.鯖湖湯


福島に湧き出る名湯として知られるのが飯坂。
ここには昔ながらの湯浴み処としての風情が感じられる。

日本最古の木造建築共同浴場としての歴史を持っている公共の浴場ですが、木造建築のため老朽化が進み、平成5年に改築しました。

その際、徹底的に昔ながらの建物であることにこだわったため、当時の木造建築の建物を再現してきれいに仕上がっています。

今ではほとんど見ることができない貴重な建築設計とあって、日本全国から多くの人が訪れる人気の共同浴場です。

鯖湖湯の名は西行法師が名付けたとされ、歴史の古さを感じさせます。

飯坂温泉には鯖湖湯のほかにも共同浴場があり、全部で9つの湯をめぐることができるとあって、湯めぐりで湯の町情緒が堪能できることから、日帰り入浴には最適です。

じゃらん
公式 HP

6.さはこの湯公衆浴場


公衆浴場だからといって侮ってはいけない。
何といってもいわき湯元に湧き出るお湯の歴史は千年を超えるのだから。

いわき湯元にお湯が湧き出したのは今から千年も前のことになり、当時は家にお風呂などありませんでしたから、誰もがみんな公衆浴場に通っていました。

新しく作られた入浴施設ですが、このような建物があったら当時の人は腰を抜かしていただろうと思われるほど、お城のような立派な建物となっているのが魅力です。

江戸末期の建築様式を再現して建てられているため、新しい建物ながら、まるで時代劇の世界に迷い込んだような楽しみが味わえます。

火の見櫓が配置されるなどシンボル的存在となっていて、見た目には何階建てなのかわからないくらい、見事な造りです。

お湯は打たせ湯のある岩風呂と八角形をした檜風呂があり、男女日替わりで湯殿が変わるため、2度は訪れることになるでしょう。

幸福の湯、宝の湯という名前も幸せになれそうな気がする、雰囲気を楽しめる入浴施設としてぜひ訪れたいものです。

じゃらん
公式 HP

7.花月ハイランドホテル


高湯温泉は東北でただ1つ、源泉かけ流しを宣言しているお湯。
もちろん源泉かけ流しのお湯となっているところは多いがあえて宣言しているところは少ないから、やはり行ってみたくなる。



平成22年6月1日に源泉かけ流しであることを宣言した高湯温泉のお湯を、宿のすばらしい大浴場で楽しむことができます。

源泉かけ流しということからもわかりますが、湯舟の外へあふれ出たお湯はそのまま排水され、循環して湯舟に戻ることがないため、衛生面において安心して入れることができるのはうれしいところです。

山の湯と名付けられた内湯の大浴場は、その名の通り一面ガラス張りの美しい大浴場で、広々とした湯舟に浸かると湯舟のどこからも窓の外に広がる山の自然豊かな景色が楽しめます。

春から夏にかけては新緑が、秋には紅葉が美しく色づき、冬は温かなお湯に浸かりながら雪景色が眺められるという、何とも贅沢な湯浴みのひと時です。

吾妻連峰を見渡す空中露天風呂も眺めのよさは折り紙付きで、寒くても入らずには帰れません。

2種類の異なる趣の貸切露天風呂もあり、お宿を利用しての湯めぐりだからこそ味わえる贅沢なひと時が心身を癒やし、リフレッシュさせてくれます。

たっぷりと贅沢な湯浴みを楽しんだら、明日への活力が生まれていることでしょう。

じゃらん
楽天トラベル
公式 HP

復興支援も兼ねて毎週どこかへ出かけよう


震災からの復興が特にむずかしい福島だけに、毎週日帰りで気軽に行けるところに住んでいるのであれば、お湯に浸かってリラックスしたり、思う存分遊んでリフレッシュしたりすることが復興の手助けになります。
次はどこへ行こうかと考えれば、出かけるのがより楽しみになるでしょう。
《編集部》

関連記事