コスパ重視で楽しめる仙台の日帰り温泉スポット7選!

仙台の日帰り温泉はコスパ重視で何度も楽しめます。

温泉 北海道・東北
コスパ重視で楽しめる仙台の日帰り温泉スポット7選!
  • コスパ重視で楽しめる仙台の日帰り温泉スポット7選!
秋保をはじめとする奥座敷にある名湯が知られる、東北屈指の大都会で楽しめるコスパ重視のその日のうちに癒やされてリラックスできること間違いなしのスポットを7つに絞って厳選してみました。

ぜひこの7選を参考にして、充実した温泉めぐりを楽しんでくださいね。

1.大江戸温泉物語 仙台コロナの湯


子どもにカップル、夫婦に家族。
誰と行っても楽しむことができる。
それが一番の楽しく癒やしの休日になるだろう。

たくさんの湯舟があり、誰と行っても楽しめるとして人気の施設です。
露天風呂は満天の星空を見上げながら入ることができるため、日帰りならではの強みを生かして、お天気の良い日を選んで行くことができます。

美容に最適な炭酸の刺激が心地よい岩炭酸風呂やサウナなど、合計で7種ものお風呂が楽しめる充実施設です。

別途300円で岩盤浴によるリラックスができる他、お風呂上りの楽しみとして、おいしい食事が食べられる食事処も整っています。

8:00~翌2:00(最終入館時間 翌1:30)まで利用でき、700円からとコスパも抜群です。

じゃらん

2.秋保グランドホテル


奥座敷と呼ばれる風情あふれる街並みの中に湧き出る秋保の湯。
まさに外せない名湯をリーズナブルに楽しみたい。


秋保きっての人気のお宿ですが、自然豊かな磊々峡を眼下にのぞむ本館露天風呂をリニューアルしたことを受けて、10時から15時の間、自然の中で心地よく、広々とした露天風呂で手足を思い切り伸ばしてリフレッシュできる入浴が日帰りで楽しめます。

平日は1200円、土日、祝日は1500円となりますが、このお値段で秋保でも屈指の人気ホテルの見事な景色を眺めながら、お湯を満喫できるのですからお得です。

滞在時間は1時間半で、お風呂上りは一面ガラス張りの美しい自然の景色が楽しめるロビーでくつろぐことができ、ちょっと豪華なお湯を堪能したいときには平日1200円のコスパはかなりお値打ちと言えるでしょう。

じゃらん
楽天トラベル

3.仙台・秋保温泉ホテル華乃湯


豊富なお湯を楽しめる愉快なプランが目白押し。
きちんとした宿で楽しむ日帰りは、かなり贅沢な気分に浸れるのがうれしい。


こちらも秋保のお宿を日帰りで楽しめるのが魅力で、さまざまなプランを用意していることから、何度も行ってみたくなることウケアイです。

子どもを連れて行くのに最適な、お湯めぐりを楽しみながら、日曜限定のカレーランチバイキングが付いたプランがあり、入浴後は大広間でゆっくりしながら子どもたちが大好きなカレーを食べてのんびりできます。

4時間30分滞在できますので、1日をお湯に浸かって、子どもが喜ぶ食事でランチを食べれば、楽しい休日になることウケアイです。

大人1980円、小学生1100円、3歳~未就学児は980円と、コスパも十分満足です。
華乃湯とあって7と8の付く日は安くなるのもお得な気分になれます。

じゃらん
楽天トラベル

4.ホテルモントレ仙台


駅から徒歩3分。
東北きっての大都市でまさかの湯に浸れるという爽快感。
非日常から日常への切り替えの早さも魅力。


駅から徒歩3分という抜群の立地にあり、まさに都会の真ん中にあるホテルですが、何とこのホテルの中に、体と心の疲れを癒やしてくれるスカイスパと呼ばれる、高層階から街の眺めを楽しめる入浴施設があります。

スパということもあって、広々とした美しい湯舟に浸かって手足を存分に伸ばして疲れをとることもできますし、サウナに入ってデトックスもできるので、お疲れ現代人には特におすすめです。

11時から22時まで受付しており、23時まで入浴できて1780円という料金は、都会のど真ん中で癒やされることを考えると、エステやマッサージなどよりもうんとコスパはいいと言えるのではないでしょうか。

じゃらん
楽天トラベル

5.仙台秋保温泉 ホテルきよ水


川沿いに建つ静かなお宿。
あえて宿泊ではなくその日限りで利用してみる。
そこから味わえる旅行気分がなんとも言えず得した気分。


秋保は川沿いにあるため、自然に囲まれた中で静寂な雰囲気に包まれながら、名湯を楽しめるのが特徴です。
そんな中、日帰りでの入浴が楽しめるお風呂は、近くを流れる名取川のせせらぎが耳に心地よく響いてくる川のすぐそばにある絶景が楽しめる露天風呂が見事です。

お天気の良い日を選んで行けるのが、宿泊せずにお湯だけを楽しむことの一番のメリットですので、晴れた日を選んで心地よく露天風呂を楽しめるように行くのがいいでしょう。

内風呂もたっぷりとした広さになっていることから、内湯も露天風呂ものんびりと堪能できます。

平日は10:00~18:00(最終受付17:00)、土日・祝日は10:00~19:00(最終受付18:00) となっており、繁忙期は利用できない可能性があることから、オフシーズンの平日の利用がおすすめで、なおかつ安心です。

休憩室は11:00~15:00まで利用できますので、お風呂上りにのんびりできる場所にも困りません。

アメニティグッズとタオルも完備されていることから、手ぶらで行けて1350円~というのは、コスパにも大満足間違いなしです。

じゃらん
楽天トラベル

6.秋保温泉共同浴場


秋保唯一の共同浴場。
お宿も贅沢でいいけれど、共同浴場ならではの雰囲気もまた捨てがたいものがあるのは事実。

秋保の守護寺とされる泉明寺の隣にある小さな共同浴場ですが、源泉からお湯を引いているため、泉質の良さが人気で地元の人をはじめ、各地からもお湯好きの人たちが訪れます。

弱塩泉の泉質のお湯となっていて、神経痛や腰痛に効能があるということから、地元の人の中には足繁く通う常連さんも多いのが、共同浴場ならではといったところです。

湯舟は比較的小さめなので、常連さんたちと話を楽しんでみるのもいいかもしれません。

弱温泉の泉質は、体の芯までぽかぽか温まるのが特徴で、体の芯まで温まることから、湯冷めしにくいのが特徴です。

ただ、お湯に浸かる際は源泉から引いているとあって、かなり熱めのお湯となっているのには注意が必要です。

地元の人たちとの話に花が咲いて長湯になり、のぼせてしまわないようにしましょう。

8時~21時30分まで利用でき、300円のコスパは申し分なしと言えます。

じゃらん

7.市太郎の湯


名前が付いている湯。
なぜか無性にその由来が知りたくなる。
気に入ったが最後、何度も通いたくなるのに。

秋保にある入浴施設ですが、これまでの源泉に加え、さらに新しい源泉を掘削したことから、さらに湯量がアップしたところが最大の特徴です。

湯量が増えたことから、これまであった露天風呂に加えて2つ目にあたる第2露天風呂を作りました。
この露天風呂が贅沢な源泉100%かけ流しとなっていて、お湯をよりいっそう堪能できるのが魅力です。

異なる2つの露天風呂が楽しめるというだけでもうれしいのに、大きな窓から差し込む明るい日差しの浴場は、内湯でありながら自然が感じられる、解放感が味わえる造りとなっています。

湯舟の檜を使った檜風呂も新しいものが作られているため、檜のすがすがしい香りが楽しめます。

これまであった第1露天風呂の天守閣自然公園は、四季折々の風景が楽しめる癒やしの露天風呂ですが、さらにその先にできた第2露天風呂は、山並みが目の前に迫ってくるかのような迫力ある眺めとなっているため、ぜひともよく晴れたいいお天気のときに出かけるのがおすすめです。

基本的に利用できる時間帯は10:30~17:00までの間となっていますが、季節によって時間の変動があるため、事前の確認は必須です。

自然に囲まれた雄大な中で楽しむ2つの露天風呂と、明るい日差しの中で入る心地よい内湯を堪能して770円という値段は、やはりコスパ抜群といって間違いないでしょう。

じゃらん

これからは週末が楽しみになることウケアイ


一度でも利用して、入浴施設にもいろいろなところがあるということがわかれば、それからは行きやすくなることでしょう。
毎週末、今度はどこにしようかなと計画を立てるにしても、コスパ抜群なら何度行ってもお財布にもやさしいのが魅力です。
《編集部》

関連記事