海外にも温泉はある!ハンガリーのおすすめ温泉

実はハンガリーは温泉大国だというのはご存知ですか?歴史あるハンガリーの温泉の中でも、首都ブダペストは温泉都市とも呼ばれ、約2,000年の歴史があります。

温泉 海外
そんなハンガリーのおすすめの温泉や楽しみ方をご紹介します。
ヨーロッパ旅行の参考にしてくださいね!

ハンガリーの温泉事情


ハンガリーは日本と違い火山はありません。ハンガリーの温泉は、太陽の熱で地中の水を温めたものを温泉として使っています。そのため、お湯の温度は40度を超えることは少なくぬるめです。
気温の低い時期は、日本人は熱いお湯に慣れているので、寒く感じるかもしれません。

また、入浴するときは水着を着用することがほとんど。温泉の作りもプールのような雰囲気です。ゆっくりと浸かりながら、チャスやおしゃべりを楽しむのがハンガリーの温泉スタイルです。
低めの水温は、長湯できるのがメリット。一日たっぷり満喫することもできます。

持ち物は何が必要?


水着


混浴がほとんどなので、水着が必要です。レンタルできることもありますが、日本人にはサイズが合わなかったり、透けやすい生地だったりします。

タオル


レンタルもあります。

ビーチサンダル


プールに行くことをイメージすると必要なのがわかるでしょう。
また、寒い時期は床も冷たくなるので、サンダルがあると安心です。

濡れてもいいバッグ


手荷物や貴重品はロッカーなどに預けられますが、ビニール製のバッグがあるとタオルなどの持っておきたい荷物を仕舞え、重宝します。

クレジットカードと少額の現金


多くの施設はクレジットカードで入場料の支払いが可能です。飲み物を買ったりする場合は現金が必要なことがあります。

ハンガリーのおすすめ温泉


セーチェーニ温泉 (Szechenyi Gyogyfurdo )


ハンガリーの首都ブダペストにあるヨーロッパ最大の温泉で、宮殿のような建物が異国情緒たっぷりで旅の気分が盛り上がります。
1913年に建設されてから、何度も拡張工事を重ね現在の大きな規模になりました。

ブタペストの市民公園の中に位置していて、観光客も行きやすい場所です。宮殿のような施設には屋内外をあわせて18もの温泉があります。
屋外はほぼプールの雰囲気。流れるプールや帽子着用のコースロープが張られているエリアもあります。
地元の方が温泉に浸かりながらチェスをする姿は、この地を代表する光景です。

住所:1146 Budapest, Allatkerti krt. 9-11
営業時間:6:00~22:00
定休日:無休

Expedia
公式HP

ゲッレールト温泉 (Gellert Gyogyfurdo)


ゲッレールト(グッレールト)温泉は、ブダペストで最も美しいとの呼び声の高い温泉です。

建物はアールデコ調の建築様式で、細部まで装飾されており、美術品のような美しさにうっとりします。
屋内外には13の温泉があり、ホテル内だけあり設備はもちろん、サービスも充実しています。
ハンガリーでは高めにあたる40度の温泉があるのも嬉しいポイントです。

ゲッレールト温泉に訪れたなら外せないのが、ここのシンボル的な存在の屋内温泉。
アールデコの美しい建築が醸し出す豪華な雰囲気を満喫できます。

住所:1118 Budapest, Kelenhegyi ut 4,
営業時間:6:00~20:00
定休日:無休

公式HP

ルダシュ温泉(Rudas Gyogyfurdo)


「ルダシュ温泉」は16世紀、オスマントルコの統治時代に建てられました。ハンガリーでは最も古いトルコ風呂です。

海外の温泉では珍しい42度の高めの温泉があるので、しっかり温まりたい日本人にはしっくりきます。
また、改装したばかりで清潔なのも日本人好み。
温泉だけでなく、サウナやミストサウナも楽しめます。

露天風呂からはドナウ川を見渡せる最高のロケーションです。
曜日によって男性用・女性用・混浴と分かれるので、注意が必要です。

住所:Dobrentei ter 9, Magyarorszag,1013 Budapest
営業時間:6:00~20:00(金・土は22:00~4:00の夜間営業あり)
 ※火曜日:女性専用、月・水・木・金曜日:男性専用、土日:混浴
定休日:無休

Expedia
公式HP

ヘーヴィーズ温泉湖 (Heviz)


ブダペストから約200km離れたところにあるケストヘイという町にヘーヴィーズ温泉湖はあります。

湖そのものが温泉で、毎時約8,600万リットルの温水が湖底から湧き出しています。
これは30時間弱で湖の水が入れ替わってしまうほどの膨大な水量です。
湖すべてが温泉なんて、日本では考えられないスケールですよね!

冬でも26度を維持できるのもこの水量のおかげですが、しかし、日本人にとっては低めの温度。
冬は寒さを感じてしまうでしょう。

しかし、暖かい季節であれば、大自然に囲まれた温泉で海水浴気分が味わえます。
水深が深いところでは38mもあり、レンタルの浮き輪を利用する人も多くいます。

大自然の中の温泉ながら、屋内にはロッカーなども完備され設備は整っています。
この場所だからこそ得られる解放感は、忘れられない思い出になるはずです。

住所:Dr. Schulhoff Vilmos setany 1.Heviz 8380
営業時間:9:00~18:30
定休日:無休

公式HP

ルカーチ温泉(Lukacs Gyogyfurdo es Uszoda)


昔から地元の人々に愛され続けているルカーチ温泉。
セーチェーニ温泉やゲッレールト温泉と比べると規模は小さいものの、ここの魅力は他にあります。

ルカーチ温泉はとてもフレンドリーな雰囲気が漂っていて、温泉だけでなく地元の方たちとの交流も楽しめます。

かつては、待ち合わせ場所として作家や芸術家の間で人気だったのだとか。
温泉と人々の生活が密接に繋がっていることを体験できる場所です。

住所:Frankel Leo ut 25-29., Budapest 1023, Hungary
営業時間:6:00~21:00
定休日:無休

公式HP

まとめ


ブダペストの街並みは、まるでおとぎ話の中に迷い込んだかのよう。中世の面影を留める美しい建築物が旅の気分を盛り上げます。

古くから伝わる温泉から、人々の生活を感じることができます。ハンガリーに行くなら、ぜひ行ってみてくださいね!
《編集部》